当社の強み

展示会ブース装飾の最重要ポイントは「伝達力」です。

  • 当社の強み
  • 集客(伝達力)
  • 現場対応力
  • 低コスト
  • 豊富な実績
  • 悪いブースの例 出展者目線
    • 看板が小さいため見にくい
    • 来場者にとってコーポレートメッセージは大切な情報ではない
    • 来場者にとって最も大切な情報は社名ではない
  • 良いブースの例 来場者目線
    • 何を出展しているか一目で分かる
    • 看板が大きいため見やすい
    • 出展製品のメリットが一目で分かる
    • イラストで直感的に出展製品が理解できる

わずか3秒で、出展内容とメリットを伝えるブースの力。
これが「伝達力」です。

なぜ展示会ブースに人が入るのでしょうか?答えは、「何を出展しているか?」「そのメリットは何か?」を理解し、自分自身の悩みを解決してくれると思ったからです。そもそも、来場者は自分の悩みを解決するために、展示会場に来ています。
来場者がブースを通り過ぎる時間はわずか3秒。その3秒の間で来場者が出展内容を理解するために必要なのは「看板」です。しっかりと看板にメリットを掲載することで、来場者はブースの中身を理解できるのです。
当社では「来場者が理解してくれるかどうか?」を発想の原点に、看板を展示会ブースの最重要ポイントとして、ブースレイアウト・ブースデザインをしております。

  • 集客へのこだわり 1 徹底したヒアリング

    展示会ブースの提案をするにあたり、以下の項目を熟知する必要があります。

    • 出展目的は何か?
    • 出展製品/出展サービスは何か?
    • メリットは何か?

    そのために、直接顔を合わせて打ち合わせすることを大切にしています。当社は東京都江戸川区にございます。東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県のお客様はもちろん、条件が合えば関西・四国・九州のお客様へも打ち合わせに伺います。
    打ち合わせ時間は平均すると1時間。長い時には2時間以上にも及ぶことがございます。展示会を成功させるためには、出展者様をしっかりと理解することだと考えております。

  • 集客へのこだわり 2 伝達力にこだわった提案

    来場者に出展内容が伝わらなければ、ブースは存在していないも同然です。当社が考える伝達力とは、来場者に「何を出展しているか?」「出展製品のメリットは何か?」を理解してもらうことに重点を置いています。ブースが果たす役割はこの一点に尽きると考えてもいいでしょう。今までたくさんのブースを見てきましたが、来場者への伝達力を意識したブースは驚くほど少ないと感じています。

    まずは看板を利用し、「何を出展しているか?」「そのメリットは何か?」をしつこいくらいに展示会の来場者に見せる必要があるのです。看板を見て立ち止まっている来場者は、出展者様の製品/サービスに興味がある方です。スタッフが話しかければ、スムーズに会話を始められるでしょう。

  • 集客へのこだわり 3 看板の大きさ・デザイン・向き

    当社のブースは文字が主張するブースです。それは、集客のできる伝達力の高いブースづくりを目指しているからです。集客のできるブースづくりの3つのポイントをご説明します。

    • 看板の大きさ
      当然のことながら、看板は大きければ大きいほど、来場者にとって見やすくなります。そのため、ブースをレイアウトする際に、看板を大きく確保するためにはどうするか?という視点からスタートします。展示会毎にブースの高さ制限が規定されていますので、その規定内で最大限に大きな看板が設置できるように配慮します。高さ制限が3.6mであれば、3.6mまでいっぱいに看板を掲げます。
    • 看板のデザイン
      看板デザインで大切にしていることは、「何を出展しているか?」「出展製品・サービスのメリットは何か?」に絞って情報を載せることです。これらの情報をメリハリをつけてデザインすることが大切だと考えます。文字の大きさを変えることで変化をつけ、来場者の目線に飛び込ませるのです。イラスト・写真・アイコンなどを散りばめて、直感的にイメージさせることも有効です。
    • 看板の向き
      看板は出来る限り長く来場者に見てもらうことが有効です。そのためには看板の向きが重要になってきます。会場内のどの場所にブースが配置されるか?ブースに面している通路の幅はどれくらいか?会場の入り口はどこか?などを考慮し、多くの来場者の視線が集まる方向に対して看板をしっかりと向ける。そうすることで、来場者に出展内容の理解を促すことができるのです。
  • 集客へのこだわり 4 展示物はなるべく通路側へ

    「ブースは開放的にして、来場者に気軽にブース内に入ってもらいたい」という要望を出展者様から度々ご依頼されます。

    しかし、出展する製品/サービスは出来る限り通路側に配置する方が、集客しやすくなります。なぜなら、来場者は潜在的に「ブースには入りたくない」と思っているからです。「ブースが開放的かどうか?」は、ブースに集客できるかどうかにまったく関係が無いことなのです。さらに、展示物を通路側に配置するメリットとして、ブースをより広く利用できる、という利点があります。展示物を通路側に配置すると、それを見ようとする来場者は必然的に通路に立つことになります。ブーススペースではない通路も利用することで、本来のブース面積よりも広く空間を活用できることになるのです。

  • 集客へのこだわり 5 ブースはインテリアではない

    出展者様にこのようなご要望を頂くことがあります。

    • 私はこの色が好きだ
    • ブースは木製の方が美しい
    • アップル社のような格好いいブースにしたい
    • ショールームのような雰囲気を出したい

    これらは、展示会ブースを売り込む場だと捉えずに、インテリアだと思われているからです。
    展示会ブースはインテリアではありません。出展する製品やサービスを売り込む場所です。気にするべきことは「来場者が出展内容を理解できるかどうか?」に尽きます。
    自社商品のことをいかに知ってもらうか?ということにフォーカスし、目立つ看板を掲げ、出展内容を理解してもらい、製品やサービスを理解してもらい、販売につなげる。これが大切だと考えています。

  • 当社の強み
  • 集客(伝達力)
  • 現場対応力
  • 低コスト
  • 豊富な実績
  • 当社の強み
  • 集客(伝達力)