ブースは「伝達力」が命

照明について

2017.01.25

みなさんこんにちわ!
デザイン営業グループの久保です!
年を越して早いもので1か月が経とうとしていますが、お餅を食べ過ぎたせいか少しだけ
お腹がポッコリした気がします.

さて、今日は展示会にはかかせない【照明器具】をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

1枚目の写真はよく提案させていただくのは展示会会場でも圧倒的な明るさを誇るHID150Wです。
当社の得意とする「伝達力のある大きな看板」に強い光を当てることでよりいっそう会場で目立たせ、来場者様にも存在感をアピールできます。
ついでに製品を並べている展示台にも光が届くので、一石二鳥でおすすめです!!
万が一手の届くところに設置されていてもやけどをしてしまうので絶対触らないでください!!

2枚目の写真はレフアームと言われるスポットライトです。
HIDに比べると明るさは劣りますが、製品説明パネルなどピンポイントで照らすことができます。
写真では上部看板に使用していますが、これだけの数を連打すればなかなかの存在感を発揮します。
アームとは違い、伸びている棒が無いレフショートというのもご用意しています。

3枚目の写真は看板や展示台の中に蛍光灯を仕込み、中から光らせているタイプになります。
「内照式」「行灯(あんどん)」という呼び方が一般的ですね。
人によっては器具が見えないこともあり「かくれんぼ」なんて呼ぶ方をする方もいます。
HIDとレフとはまた見え方が違い、文字や色見がパキッと表現されてこれまた非常に目立ちますね。

どの照明器具でも向きや数などによって見え方も変わってきます。
使用する場所によっても様々なので、工夫次第で色々な姿に変わっていきます。
照明のことはもちろんその他ご要望、ご相談もお聞きしますのでお気軽にお問合せください。
では、皆さん。今日もお仕事頑張りましょう!!!