ブースは「伝達力」が命

看板のサイズに限界はない?

2019.07.12

デザイングループの久保です。

当社WEBサイト内の事例を見て頂いている方々ならブース集客には「縦型看板」がいかに重要かが理解いただけていると思います。
今回はこの「縦型看板」を来場者の方にさらに良く見えるようにするにはどうすればいいのかを書かせていただきます。
「縦型看板」って何???という方は先に「縦型看板の有効性について」を見てください。

我々は限られたブースサイズ内で「どれだけ多くの「看板面積」を取ることができるのか。」をはじめに考え、「来場者目線」でブースの設計をします。
以下写真のように看板が大きければ大きいほど大きな文字を入れることが出来て、来場者の方が欲しがっている情報をわかりやすく伝えることが可能になります。

↑↑↑↑横幅700mm↑↑↑↑

↑↑↑↑横幅990mm↑↑↑↑

↑↑↑↑横幅1240mm↑↑↑↑

最近当社では横幅1240mmもある超大型看板を取り入れて、より集客できるブースを実感してもらうことが出来ます。
そして、なにより出展者様の製品が世の中に広まるお手伝いを出来る喜びを共に感じることが出来て、社員一同嬉しく思っています。
当社はシステムブースを採用しており、ここまで大きな看板をシステムブースで表現できる装飾業者は少ないのでは?と自負しております!!調子乗ってすみません。
今まで横幅990mmが限界だと思っていたが、果たして看板の大きさに限界はあるのだろうか。。。。
当社に装飾をお任せいただければ必ず今までにない集客を実感してもらえる、、はずです。。。。
お問い合わせお待ちしております。