ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 199600010 ブースサイズ 9m×6m以上
装飾価格 180~220万円 業種 機械・装置・部品・素材
展示会会場 東京ビッグサイト 展示会名 プレス・板金・フォーミング展<MF-TOKYO 2019>
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
ブースの場所は東京ビッグサイト西ホール1階のアトリウムです。ブースサイズは横幅9m×奥行6m×高さ3.6mになります。

これくらいの大型ブースになると、通常はアルミトラスや木工を使用したブース設計が多くなります。アルミトラスや木工を使用すると、どうしてもブースの装飾価格は高くなりがちです。一般的に安くても300万円程度はかかり、高い場合には500万円を超えるケースもあるでしょう。

しかし、当社の場合は、オクタノルムというブースシステムを使用することで、200万円前後で施工が可能となります。しかも、ブースイメージをみていただいて分かる通り、アピール力の高い大型の看板を数多く使用したブース設計になっています。

小間位置は三面開放という条件です。出展サービスは「工法開発」「モニタリングソリューション」「CAEソフト」という3つの柱で構成されています。その3つのサービスを縦方向と横方向にバランス良く配置しました。
川島清史
担当
川島 清史プロフィールはこちら >
お客様から寄せられた言葉

本展示場エリア出口から当社ブースが丸見えで、通路も広かったせいか、お陰様で今回も大盛況でした。展示会自体は前回から来場者数微減だったようですが、当社は増やすことができました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます