ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 193300001 ブースサイズ 3m×3m以内
装飾価格 30~35万円 業種 IT・ソフトウェア
展示会会場 パシフィコ横浜 展示会名 震災対策技術展 2019
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
3メートル×3メートル(1小間)というブースの大きさです。高さは3.6メートルで、隣接出展者から1メートルのセットバックが必要という条件でした。

出展者様のサービスは「安否コール」という災害時に安否を確認するためのシステムになります。

ブース上部の看板とブース側面の看板を利用し、これ以上無いくらいの訴求力を出しています。1小間のブースの場合には、「まず何を出展しているのか?」を大げさに表現しておく必要があります。来場者は出展者が考えているほどブースの中身を見ずに素通りしているからです。

今回のブースの周囲にはパッケージブースという主催者が用意したブースで出展した企業が多かったため、相対的に非常に目立っていました。1小間ブースであっても、しっかり装飾をすれば、大きな効果が出せるのです。
川島清史
担当
川島 清史プロフィールはこちら >
お客様から寄せられた言葉

前年の倍の集客がありましたので、ブースの効果が大きかったかと思います。
来年もぜひお願いいたします。

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます