ブースは「伝達力」が命

ブース内の柱の扱いについて

2017.02.09

最近我が家にアクティオンゾウカブト虫を迎え入れたデザイン営業チーム・山口です。
今日はブース内に会場の柱が立ってしまっている場合についてのお話をしたいと思います。
そもそも小間を選ぶ段階で小間内に会場の柱が立ってしまうことを知らずに申し込む出展者様がいらっしゃる様で、小間図を眺めている際「あれっ?」と気付いて「小間の前(中)に会場の柱が立ってる様に思いますので、事務局に確認してください」と伝えると「ご指摘の通りでした、もし事前に知っていたら別の場所を選んだのに」と悔しそうに仰る方も一度ならずありました。
特に西ホールは会場の真ん中に柱が立っているので要注意です。

しかし安心してくださいはいてます隠せます!

ブース外の柱への装飾は残念ながらできませんが、ブース内の柱は装飾でカバーすることが出来ます。
上の写真様に四角い柱に壁を立てて装飾をすれば柱が立っていることを感じさせずに装飾をすることが出来ます。丸柱の場合でも布製のサインを巻き付ければ訴求看板として活用できます。
今まで柱で悩んでいたご出展者様の方、今すぐお問合せ下さい!